CAPPトレーニング

2009.06.02.Tue.20:24

昨年から受けていたかりんのCAPPトレーニングをやめることにしましたあせる


やり始めたからには、ちゃんと認定されて施設訪問もしたいと考えていたのですが

いろいろと考えるところもあり断念しました泣き


もしかしたらまたCAPP活動をしたいと思うようになるかもしれませんが

それまではお休みです。


我が家のセラピー犬として

    しつけはなっていないけれど楽しく暮らそうね音符


かりんと遊ぼっ♪


スポンサーサイト

トレーニング再開

2009.04.21.Tue.09:25

旭川も緑に覆われて

散歩で毛に絡まっていた雪が枯れ葉に変わってきましたクローバー

       かりんと遊ぼっ♪

かりんのCAPPトレーニングも2か月ぶりにやっと再開しました。

ヒート期間だったり息子のことで落ち着かなかったりで

すっかりご無沙汰してしまいました。

トレーニングに行けない間家でもちゃんと続けていれば良かったのに

さぼっていたので、オスワリも出来なくてビックリ~あせる

大汗モンでした・・・・

前まで一緒にトレーニングを受けていて

もう活動を始めているボストンテリアの弟君(血のつながりはないけど)も

今回一緒にトレーニングを受けました。

さすが、小さい頃からしつけトレーニングを受けているわんちゃんは違うわ!

なんでも、ビシッ、ビシッとできます合格


かりんも大分落ち着いて

「あら、今日は鳴き声聞かなかったわね。」と言われ

横を付いて歩くのも上手になってます。

でも、ついつい他のわんこと比較して焦ってしまうなぁあせる


私もかりんみたいにマイペースになろうにひひ

スペシャルトレーニング

2009.02.07.Sat.17:12

今日は数多くの著書でも知られるドッグトレーナーの

矢崎潤先生のCAPPトレーニングを受けました。

こんな寒い旭川まで来て下さいました音譜

私は今回初めてお会いしたのですが

トレーニングに通っている動物病院のしつけ教室には時々来て下さってます。


ちょっとドキドキして会場に入ったのですが

先生の方から「かりんちゃんですね♪」と声をかけて下さり

緊張が解けましたニコニコ


最初に矢崎先生や病院スタッフ達が近寄ったときに

どんな反応を示すかを見たのですが

参加6匹中4匹が全員に飛びつき、

2匹が誰にも飛びつきませんでした。

かりんは飛びつかないグループです。

人間に対してちょっと奥手のようです。

そこで喜んで自分から飛びついて行くぐらいの気持ちを持てるように

訓練をしたのですが

終わり頃になると飛びつくまでは行かなくても

自分から人に前足をかけるようになりましたグッド!


わんこ1匹1匹がそれぞれの性格なので

それに合わせて飼い主がわんこから目を離さずに

コントロールしなければならないこと、

わんこと飼い主が助け合うこと、

一緒に楽しむことなどを学びました。


かりんは普段の約40分のトレーニングでも集中力がないので

この2時間のトレーニング、どうなることかと心配だったのですが

いつもよりも集中して頑張ってくれましたドキドキ

普段のトレーニングに戻っても頑張ってくれますようにWハート



     かりんが1番リラックスできるのは兄さんの側。

         今日は疲れたよ~Zzz…(*´?`*)。o○

     かりんと遊ぼっ♪

     かりんと遊ぼっ♪


施設訪問

2009.01.29.Thu.21:50

今日は施設訪問に行ってきました。

かりんはまだ活動の認定を受けていないので

私だけの参加になりました。

一緒にCAPPのトレーニングを始めたわんちゃん1匹が

今日はデビューしました音譜

とても上手に入居されている高齢者の方々と接していましたよ合格

15名ほどの入居者が参加されたのですが

皆さんとても明るい笑顔でわんちゃん達とふれあい

自分のところに来てくれるのを心待ちしてるんですねドキドキ

職員の方のお話によると

普段と違う穏やかな表情が見られたり、

ほとんど会話されない方が声を出されていたそうなんです。

私も入居者の方と

 「あなたは犬がいないの?」

 「今、一緒に来れるように訓練中なんです。」

 「早く連れてきてね。」

そんな会話をして、本当にここに連れて来られたら良いなぁって思いました。

めげていた気持ち、ちょっと奮起できましたニコニコ


でも、きっと今の私は息子の進学のこともあって

気持ちに余裕がないんですね。

だって、かりんは我が家に来てまだ1年にならない1人娘だけれど

18年一緒に暮らしてこの春出て行こうとする1人息子がいるんですからしょぼん


私に余裕ができたらかりんとの関係ももっと良くなるかなWハート


         私も兄さんいなくなったら寂しいの・・・

      かりんと遊ぼっ♪

            白目出して爆睡中ぐぅぐぅ
      かりんと遊ぼっ♪




悩んじゃう

2009.01.28.Wed.19:07

CAPPのトレーニングを始めてもう3か月になろうとしているのに

なかなか先の見えないかりんですあせる


かりんと遊ぼっ♪

最近ちょっと悩み始めて

「家でまったりと暮らしている分にはとっても良い子ちゃんだし

アイコンタクトも取れるし、トレーニングで習ったことはできるし・・・・

なのに、どうして病院に行くと全くできないんだろう。

こんな焦りを感じながら 続ける必要があるんだろうか・・・」

などといろいろ考えていました。


そして先週、先生から

「かりんちゃんはしつけ教室に入れたらどうでしょう」と言われました。

CAPPのトレーニングでは基本的な生活のトレーニングよりも

高齢者施設に行くための訓練をします。

物音にビックリして興奮しないこと、

どんな触られ方をしても平気でいられること、

ヒトや他の犬に興奮しないこと・・・などなど。

1番大切なのは飼い主がちゃんと犬をコントロールできること。

このコントロールが私にはできないんですねしょぼん

つまり、かりんの問題ではなく私の問題ガーン

ちゃんとコントロールできるようになると

今以上にわんちゃんが可愛くなりますよと言われました。

実際、私もCAPPのトレーニングを受けながら

今のままじゃ永久に無理、と感じていたことなので

しつけ教室できちんと身につけることが良い方法なのかも知れません。

でも、でも・・・・家では楽しく過ごしているんだしぃニコニコしっぽフリフリ

先生から「せっかく、こういう活動をしようと思ってくれているのに

こんなトレーニングまでして活動しなくたって十分楽しい生活を送れるって

そう思われることを1番恐れている。」とズバリ言われてしまいましたあせる


そして今日は行く前から私は

「行きたくないなぁ。。。」って気持ちになってました。

その気持ちが伝わるのかかりんもいつも以上に言うことを聞いてくれないし

先生からも

「お母さん楽しそうじゃないむっってかりんちゃんも思ってるよ。」って。

私を励ますつもりで

「誰でもこういう過程を通るんだから頑張って。」っと言って下さったのでしょうけど

私は言われれば言われるほど落ち込む一方泣き


かりんと遊ぼっ♪

明日はかりんを置いて施設訪問に行きます。

本当に私はこの活動をやりたいのかどうか

参加しながら考えてみたいと思います。


かりんと遊ぼっ♪


 | HOME | Next »